ガーデン霊園が日本で主流になりつつあります

近年の霊園はガーデン霊園が主流になってきているようです。墓地におしゃれなガーデニングが施されることにより、暗いイメージから脱却して明るいイメージの霊園が出来上がっています。

ガーデン霊園は、従来の日本的な墓地の暗さを払拭しただけではなく、周辺環境にも良い影響を与えるという意味でも貢献しています。

日本では住宅地の真ん中に霊園ということは一般的にあるのですが、ガーデン霊園だと住宅地にあっても決して印象的には悪くは見えません。
旧来の墓地は幽霊が出るようなイメージですが、そんなイメージは取り払うことが出来ます。
ガーデン霊園のイメージ

ガーデン霊園の特徴ですが、各家庭で思い思いに墓石を選んでいますが、大きさや見た目の色は統一感を持って置かれています。空いた土地には花が植えられて、暖かい季節には色とりどりに花を咲かせます。
樹木が各所に植わっていることで、都市公園の樹木のように周辺環境に寄与することになります。

常に管理がされていて、手が行き届いているということも、ガーデン霊園が選ばれる理由となっています。
もし手入れがなかったら自分で行う必要がありますが、管理されるので楽になりますし安心感が得られることになります。

こうした特徴があって、霊園の周辺の住宅では、墓地をガーデン霊園化することを望む割合が高くなります。

できれば暗いイメージではなく、いつ見ても明るく綺麗な場所であってほしいという住人の考えがあり、それを実現することができます。
日本の誰にとっても、ガーデン霊園は望まれるものになってきていることでしょう。